MASAMI's columnは下記URLへ移転しました。
http://www.bluecadillac.net/masamiweb/?page_id=12




2012年08月25日

パースペクティブ ボヘミアン

写真.JPG
北海道産のとうもろこしの皮を剥きながら底の深い鍋に水をたっぷり入れ火をかける。
ある程度のところで伯方の塩を多めに入れゴボゴボと沸騰した頃に剥きあがったとうもろこしを入れ約15分ほど茹で上げる。

簡単なレシピを頂いたのでその通りにしたんだけどね(笑)

一口齧った途端にカリッとした皮の奥から香ばしい香りとほど良い甘味成分が舌を喜ばせ、口中に生きることの喜びを伝達する。

そんな幸せ気分に浸りながら向日葵のアダムを眺める。
写真では伝わりにくいが蕾は(かみなりじゃないよ)膨らみをましている。
まだ花開かない向日葵は無限の可能性を与えてくれる。

オアシスを求め移動を続けるボヘミアンは砂漠の薔薇ならぬ砂漠の向日葵を見つけると少しでも欠けないようにそっと大きな袋に入れ脳内宇宙を旅する。

人生を始め、天が授けた創造物や人間が必要とした作品や科学、哲学も「砂漠の向日葵」のように未完成だ。

音楽に限っても、モーツァルト、シューベルト、ベートーベン、ウェーバー、ワーグナーetc. 未完成の作品を残している人は多い。

もしかしたら、人間は自らが完成されている生物だと思いたいがためにポップスのような作品を創り始めたのではなかろうか?

思い出したように即興性の高い音楽が聴きたくなる。
その瞬間瞬間になる音に「生」を感じるのだ。

パースペクティブな感覚は視覚だけではない。
聴覚、嗅覚からも感じとらねば…

ボヘミアンは幼い頃からなんとなく分かっているのだ。


☆鈴木正美☆


posted by MASAMI at 06:03| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の無断転載禁止 Copyright © SUZUKI MASAMI All Rights Reserved.