MASAMI's columnは下記URLへ移転しました。
http://www.bluecadillac.net/masamiweb/?page_id=12




2012年04月19日

ワン コード

写真.JPG
ここでいうコードとは和音のこと。

このコードの選び方ひとつで、曲の表情はずいぶん変化する。
とても重要なものだ。

リズムとメロディ、和音、そして歌詞…それらのバランスと、アーティストが持つ佇まいから楽曲は成り立つ。

どこに赴きをおくか?
それは表現者次第だ。


今日、ラジオからRED HOT CHILl PEPPERSの「GIVE IT AWAY」という曲が流れてきた。

彼らの代表曲でもあるから皆さんご存知だろう。

この曲はワン コードで創られている。
強力なリズムとリフレイン、そしてワード。
これらが、ひとつになるバンド パワーを改めて痛感した。

表現方法に流行もあるだろう。

しかし、ワン コードの曲は逃げ場がない。
なぞる事は出来ても、アーティスト パワーがなければ成立しないのだ。

これは、言葉では表現できない世界だ。

さて、意識するしないに関わらず、みんな人生を仕事やPCや五線譜やスケッチブックに重ねて生きている。

複雑な世の中だから、
人生の1ページだけでもパワーで押し切らなければならない時はあると思う。

僕は、そんな時には「ワン コード」を胸に秘めて臨むよ!


☆鈴木正美☆


BGM HEY JUDE / THE BEATLES / 1


posted by MASAMI at 21:43| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の無断転載禁止 Copyright © SUZUKI MASAMI All Rights Reserved.