MASAMI's columnは下記URLへ移転しました。
http://www.bluecadillac.net/masamiweb/?page_id=12




2012年01月28日

センチメンタル・ブギーマン

写真.JPG

こんな寒い日にも関わらずブギーマンは破れたジーンズを履き、ビールを片手に公園のブランコに腰掛けていた。

子どもの頃はきっと太陽ばかり見上げていたはずなのに、夜行性になったのだろうか?・・・今は空を見上げては月を探すのが癖になっているように見える。

言葉にはならない、ボンヤリとした胸の痛みはたいていの大人の男が抱えているものだ。

ジッポーの火で一瞬垣間見た彼の横顔は、それを物語っていた。
月の裏側を見つめているようなその瞳は、まるで哲学者のように見えた。

人が考え続ける永遠のテーマの答えはどこにもない。

現実だけが横たわっているのだ。

それに気づいたのか、ブギーマンはすくっと立ち上がり揺れるブランコを止めた。

一瞬空を見上げ、タバコの煙を吐き出した。
携帯灰皿を取り出し、丁寧にタバコの火を消し、空になった右手を月に翳し3秒ほどジッとしていた。

「それでも転がり続けなければいけない!」

そんなシンプルな事を確認したように、公園の灯りで照らされてできる長い影を残したまま立ち去った。


きっと、朝にはいつものブギーマンに戻るのだろう・・・


☆鈴木正美☆


posted by MASAMI at 22:35| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の無断転載禁止 Copyright © SUZUKI MASAMI All Rights Reserved.