MASAMI's columnは下記URLへ移転しました。
http://www.bluecadillac.net/masamiweb/?page_id=12




2012年06月13日

Sense of fun

写真.JPG
南野さん、お疲れ様でした。




昨夜は楽しい一夜だった。
「感謝」という言葉しか浮かばない。

出演者への気持ちを一言づつ。

遊び心を持っている人は素晴らしい!

1.ナヲタカーニバル
オリジナルから関白宣言まで独自の
世界観に引き込まれました。
このイベントの趣旨をよく理解して
、再現していただきました。拍手!

2.Matty
Vol.2となるこのイベントの企画はご
苦労されたと思います。テスコのベー
スや選曲(トシちゃんは笑えた)MC等
、ツボを押さえたステージングは流石
でした!

3.岡本雅彦
今回は、4人のベーシストがDJもやっ
て次に繋いだのですが矢沢さんの「
チャイナタウン」をリクエストして
いるところ(楽屋)から面白かったです
。MCやベースも、もちろん最高でし
た。大好きです!

4.鈴木正美
バースデーライブでした。

5.ダイナマイト ナオキ
リハーサルも当日のみだと思うので
すが、イカシタ ギターを聴かせてく
れました。打ち上げ用のギターまで
持参して盛り上げていただきました
。まだネタがありそうで再会が楽し
みです!

6.青木純
おそらく、ベーシスト以外で一番長
い間ステージにいました。彼も当日
リハーサルだけでしっかり仕上げて
くれました。上手くなったなぁ。あ
りがとうございます!

7.LEE
彼は、各ステージやDJの選曲まで流
れをずっと追っていました。学ぶ姿
勢が感じとれ、嬉しい気持ちになり
ました。ギタリストとしても一皮む
けたと思います。更に期待!

8.高橋まこと
イベント本編を〆るのに相応しい人
です。30年以上の付き合いで、僕の
良き理解者であり大先輩でもありま
す。尊敬の念は今も変わりません。
一生、その気持ちは続くでしょう!

9.京極輝男
彼からの連絡が、このイベントのク
ライマックスを創りました。「正美
の誕生日、祝わせてよ。」そして、
翌日には本田君のスケジュールも押
さえたから…と連絡がありました。
ドラミングもブランクを感じさせな
いグルーヴでした。当日のリハーサ
ルができなかったRADIOHEADの曲
を本番でしっかりプレイしてくれま
した。感激!

10.本田毅
最強のギタリストです。アンコール
は、京極さんとのトリオで締めまし
た。当日のリハーサルだけでしたが
、何の不安もありませんでした。彼
が参加することでRADIOHEADの曲
が浮かび実現しました。愛してます



当初は予定していなかったバースデーライブが、偶然が重なり合い実現しました。

僕はこの日を忘れることはないでしょう!


☆鈴木正美☆

Mr.Tambourine Man / The Byrds


posted by MASAMI at 06:22| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

Buddy Holly

angel.JPG
たくさんの「バースデー・メッセージ」をありがとうございます。

メール、ツィッター、FB、電話・・・

いろいろなかたちでいただいたメッセージは僕の宝物!
いつまでも大切にしたいと思います。

今日は「四弦奏者倶楽部」というベーシストの会。
第1回目はDJをみんなで、
2回目になる今回はベースの弾き語り+バンド編成です。
歌わなければいけない(笑)という条件があります。

そのイベントで僕の誕生日を祝っていただきます。
告知にある通り素晴らしい友人達も参加するので良いイベントになるでしょう。



その昔、バディ・ホリーというロックンローラーがいました。
たった3年間の活動でしたが、
花火のように綺麗に大きく咲き、
飛行機事故で散っていきました。
「ペギー・スー」という大ヒット曲を残し、
華やかなイメージのままに・・・
誰にも予測できない不慮の事故というものは存在するのです。

6/10、20:00頃に一報を知人から知らされました。
メールだった為、リアリティに欠け「センスのない冗談」だと思いました。
今日のイベントの準備を進めていたのですが、
時間が経つにつれ気になったのでネットで検索しました。
名前も知人と一致するニュースが流れていました。
秀樹君に電話しましたが繋がらず、切った直後に電話が鳴りました。
そして・・・その声色で全てを察しました。

電話を切るとなんとも云えない寂寥感に包まれました。

ご冥福を・・・などとは今も言えない気持ちです。

僕が知るかぎり、彼はサービス精神が旺盛で笑顔が絶えない方でした。
楽しいことが大好きな男で、自らピエロになり笑わせてくれました。
そして、お互いに音楽に携わっていたことは確かです。

今日は、サブ・タイトルにあるように「GET HAPPY!」を彼に届けたいと思います。


☆鈴木正美☆

Buddy Holly / Weezer / Weezer
posted by MASAMI at 05:02| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ROCKの日

qr_2012_6_11_yoyogi_zoo.jpg611.JPG
今日 6/9 は「ロックの日」
今日誕生日の知り合いが数名いることを思い出した。
プラス、6月生まれの友人が多いことに気づきこの場をかりて、
みなさんに

HAPPY BIRTHDAY !!!

そして、この数日お誘いいただいたライブ、イベント、パーティーに、
出席できず、SORRY ・・・また誘ってください!


重なる時は重なるなぁ。


すべの思いをLIVEに託すよ!
4人のベーシスト達がどんな世界をつくるのか?
楽しみだ。

豪華ゲストにもBIG THANXです!


代々木四弦奏倶楽部 Vol.2
GET HAPPY BASSIST !!
MASAMI'S BIRTHDAY

2012/6/11(月)
@代々木 ZHER the ZOO YOYOGI

出演

[Bass]
鈴木正美
岡本雅彦
樋渡ナヲタカ
Matty

[G.]
ダイナマイト・ナオキ
[Dr]
青木純

[Guest]
本田毅(g)
京極輝男(Dr)
LEE(g)
高橋まこと(Dr)

open 18:30 start 19:00

前売り¥2500 当日¥3000

inf) ZHER the ZOO YOYOGI 03-5358-4491

《HPメール予約》2012/6/11(月)@代々木 Zher the ZOO YOYOGI
パソコン用フォームURL http://ws.formzu.net/fgen/S83105397/
携帯電話用フォームURL http://ws.formzu.net/mfgen/S83105397/



☆鈴木正美☆


ノーストレフライフfeat.MOOMIN / 山嵐 /ヤマアラシイズム






-----------------------------------------
posted by MASAMI at 01:40| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

ソウルダスト

写真.JPG
人間は物質からできている。
一方で意識を持っている。
科学的に解明されていないが、
脳のゴミである意識が人に彩りを与え、
進化させてきた大きな要因である。
というソウルダストに関する書評を読んだ。


コミック「ワンピース」で、
ゴーイングメリー号という船が意識を持ち、
言葉らしきものを発するシーンがある。
読みながら、そのシーンが頭を過った。


ここからは、妄想だと思ってください。

楽器に意識を注入できる人…います。

楽曲に魂を注入できる人…います。

僕も魔法使いになれる日が来るといいなぁ〜!
なんて思いながらこのベースに触れていました(笑)


ソウルダスト…希望の星だ


☆鈴木正美☆

European Song / The Velvet Underground / The Velvet Underground
posted by MASAMI at 04:17| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

カッツの写真

IMG_0141.jpg
先月末のLIVE時に、カッツが写真を撮りにきてくれた。

僕のHPのギャラリーはカッツのページなので、
久しぶりに更新される。

あつしくんが楽しみながら作業できるような写真が並ぶと思うのでお楽しみに〜!

カッツにはバンドをまんべんなく撮ってくれ、とだけ伝えた。

出来上がった写真をスライドショーで楽しんでいた。
ストーリーができているから観ていて楽しかった。

今日はその中の1枚を掲載します。


ウチの向日葵はすくすくと育っております。
といっても、まだ小さな葉だけどね。

今年は大きな花が咲きそうだ!


その前に、6/11に花を咲かせてみせましょう。
楽しい一夜にするぞ〜!

この日のルールは、ベーシストは1〜2曲はベースの弾き語りをやらなければいけない(笑)
さぁ、何が飛び出るかな?

ベーシストはもちろん、
豪華ゲストにも注目だ。

幸せ者っす!(^_-)-☆


☆鈴木正美☆

2 Of Amerikaz Most Wanted / 2Pac Feat. Snoop Doggy Dogg / Nuthin' But Death Row Classic
posted by MASAMI at 03:13| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

PARTY

PicCollage
パーティーは楽しくなきゃ!

もっと、この喜びを伝えたいぜ。
旧友を始め、いろいろな人と巡り会えるパーティー、最高です。

書きたいことは山ほどあるけど、
楽しい時ほど酔っている。

ホントに久しぶりに会ったトシ(永井君)、De+LAX以前の記憶が甦り一緒に仕事をしていた頃にお互い笑った。


今夜は、「おめでとう!」
これが全てです。

まさかのDe+LAX+京極さんもありました。


☆HAPPY ☆

☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 00:33| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

!cid_B7324FE9A730412BBA65469677C8D3EB@PCUserPC.png
僕の心に秘めた思いがある。

このブログに記すことで秘めてないけどね (;一_一)

絵を描きたいんだ!
発表したいんじゃなく、衝動というか自己慰安だね。

小学校の時に絵が下手なことに気づいた。
それがトラウマになっているようで、
絵を描くとなると具体的なイメージがまるで湧いてこないんだ。

音や言葉は自慢はできないまでもそれなりにイメージできるつもりだ。
料理ができないのと一緒なのかな?

ひっそりと鉛筆で何かを描くことはある。
できるだけ邪心をなくして。
で、完成。
我ながら才能のかけらもないことに驚くぜ(笑)

随分前のブログで、文房具が大好きなことは書いた。
そのおかげで色鉛筆はそれなりのものがある。
今度はそれで描いてみよう。

20歳頃、真白なスーツにペイントをしたことがある。
いわゆる「絵」ではないけれど、
それが唯一、自分なりに納得した作品だ。


僕は欲張りだからやりたいことだらけだ。

こんなことを言っていると音楽の神様に申し訳ないけど、
絵が描けたら音楽人生もしみじみとした喜びが満ちる気がするんだ。


☆鈴木正美☆

Suck / Nine Inch Nails / And All That Could Have Been
posted by MASAMI at 07:42| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

15-year-old , yellow boy

yellowpolo.JPG
15歳の痩せっぽっちの少年は寂しかった。

中学生の時のバンド仲間の陽ちゃんが、
ひとつ年上で卒業と同時に一緒にできなくなってしまったからだ。

かといってじっとしているような性格でも年齢でもない。
同級生とバンドを始めた。
が、彼には物足りなさがあった。

幸い陽ちゃんが近所に住んでいて交流があるのが救いだった。
卒業したら同じ高校に入学しようと決めていた。
中学校の終わり頃、「いいドラマーがいるよ。また一緒にやろうぜ。」と言われた。
勝手に願書を出した時には、後から知った父親が激怒した。
振り返えると、幼稚な考えだったと思う。
これは人生の曲がり角だったのだ。
彼は未来や将来設計などなく、ただ「ROCK」したかったのだ。

陽ちゃんが連れてきたドラマーは正治さんといい、
Yシャツのポケットにショートホープが透けて見えるのが印象的だった。
父親が同じタバコを吸っていたせいか馴染みがあったのだろう。

後に、陽ちゃんとは数本仕事をしたが外国に移住してから連絡がとれない。
正治さんは自身のバンドや様々なユニット、ヒカシューというバンドなど、
書ききれないくらいいろいろなことをしている。


彼等3人の初ステージは静岡の三島市で行われたコンテストだと記憶している。
それは15歳の春、中学生から高校生になる境目の時だった。
自分のことで精一杯で確信はないがゲストは「古井戸」というフォークデュオだったと思う。
鮮明な記憶があれば狂気乱舞できるだろうが・・・
その後の2年間で小さな町の高校生バンドは様々な体験をする。
幾つかの日本のROCK BANDの前座をやらせていただき、
プロとアマの境界線も体感する。
そして二人の卒業と同時にバンドは空中分解した。

そのコンテストの数ヶ月先に、
「YELLOW」というバンドのオープニング・アクトを演らせていただいた。
「音の存在」は主観的な観方になるが、
フレーズはもとより、何よりもサウンドの大切さ教えていただいた。

その時のドラマーの方が、バスドラが動いてしまうので重い物ない?
と言った。
誰かが家庭用のブロックを持ってきたが軽過ぎる。
結局、道路工事に使用するコンクリート・ブロックを拝借してLIVEしていた。


その時のドラマーがジョニー吉長さんだった。

もともとヴォーカリストなので歌も上手い。

2〜3年前、全員が歌うユニット「ダマスコ」で小関君はジョニー吉長さんの歌っている曲をチョイスした。
ドラマーの観点からも憧れる存在だ!と、言っていた。

昨年から今年にかけて友人や知り合いから耳にしていたことが今日一本の線になった。
まだ、「ROCKがROCKたる所以」を叩きつけて欲しかった。


おこがましくも、ご冥福をお祈りします。


☆鈴木正美☆ 

Cloudy Sky / Johnny,Louis & Char / ユーチューブより
posted by MASAMI at 02:59| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

MESSENGER CAME TO SUNDAY

写真.JPG
♫シャララ〜ラ、シャラララ〜♫

今日は極々私的なアニバーサリーだった。

そんな日にメッセンジャーはやって来た。
思わぬ形でのサプライズだったから驚いたよ!
ありがとうございます。


夜には食事に行った。
けっしてゴージャスなところではないけれど美味しく、そして楽しくいただいた。


花や川やTシャツ姿の人々に夏の気配を感じる。

歌を口ずさむことも多くなった。

♫ シャララ〜ラ、ララララ〜ラ♫

日曜日の使者がやって来て僕にポストカードを手渡した。
ピンクのハート柄にモノクロームの写真が貼りつけてある。
その下には、

「I'm also happy , thank you」

と可愛い字で描かれていた。


日曜日にメッセンジャーがやって来た。

世界中の人が笑顔になりますように!

LOVE & PEACE


☆鈴木正美☆

20th CENTURY BOY / T・REX / T・REX SPECIAL SAMPLER
posted by MASAMI at 03:32| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

VIEW

写真.JPG
やぁ、今日もみんな自分らしく過ごしたかな?

僕は世界中の人に「お疲れ様〜!」と叫びたい気持ちなんだ。

理由は特別にないけどね。

好きなことを言って、好きなことをしたり、美味しいものをたべたり、おしゃれしたり…それでいいのだ。

何でもいいから夢中になれるものがあるのは素晴らしい!

じゃないと、人生が味気ないぜ。


毎日のようにアドリブで日記を書いていて「何の為?」と問われたら「自分の為」と答える。

面白いとかつまらないとか言われる時もあるけど、あまり気にしない。
誤解も怖れない。

考えの違う人がいるからこの世はバランスが取れるし、カラフルになって楽しい。
何より、確認になったり学習できたり改められたり反省したりできる。
人間は気分や思い込みが混在するからね。

糸井重里さんの言葉を借りると、わからないに決まっていることを、「語るために語る」のは間違っている。

自分にストイックな人ほど対象になる人に理解を求めるから面倒くさい。


その点、音はいいなぁ!
理屈抜きだ。
魂を開放してくれる。
自分の人生を豊かにしてくれる。

MUSIC IS MY VIEW

夢中になれることがある、
それだけで素晴らしいね!


☆鈴木正美☆

Only You / TROJANS / Skalalitude
posted by MASAMI at 00:41| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

紫陽花

写真.JPG
日本にはその季節を象徴する花が咲く。

初夏、紫陽花の季節だ。

小さな花を円形状に束ねた姿をあちらこちらで見かける。
植物学的には、真ん中にある小さな種のようなものが花で色の入っている部分は萼のようだ。

この集合体で一輪だと思って話を続けさせていただく。


紫陽花を見ていたら、小さな社会の縮図を連想した。

小さな花が寄り添ってひとつの華になるその様は、

学校のクラス
家庭
職場の部署
サークル
バンド
町内会
…etc.

みたいじゃないか(笑)


僕らは基本的に個であることは間違いないが、
社会的には何らかのグループに括られている。

そしてそこには、自分探しの旅のヒントが無数に転がっていることに気づいた。

季節の変わり目の紫陽花は、
そんなことを考えさせてくれた。


☆鈴木正美☆

Sassafras Roots / Green Day / Dookie
posted by MASAMI at 02:57| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

at 那須塩原

写真.JPG
自然が大好きな僕は、
海でも山でもへっちゃらだ。

気持ちいいな!と感じると、
精神が浄化されて力が漲る。

僕にとっては、
その瞬間からその場所がパワースポットと化す。

数日前に那須塩原高原に行って来た。
インターを下車すると、
道路の左右に松の木が立ち並び、
太陽の光を遮るようだ。
直ぐに「千本松牧場」が在ったので立ち寄った。

ソフトクリームを片手に芝生の上を歩いていたら一緒に溶けていくような感覚になった。

先に目をやるとナイスバディの馬達がのんびりとモグモグしている。

近くまで行ったが皆さんハンサムだ。
凛としたオーラまで出ている。
環境がいいからかな?

僕もエネルギーをたっぷりいただきました。

充電完了です。


報告
写真の左上を見てください。
ウチのヒマワリも芽を出しました。
暖かい目でみまもっていきま〜す。


☆鈴木正美☆


THUNDER ON THE MOUNTAIN / BOB DYLAN / MODERN TIMES
posted by MASAMI at 03:59| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の無断転載禁止 Copyright © SUZUKI MASAMI All Rights Reserved.