MASAMI's columnは下記URLへ移転しました。
http://www.bluecadillac.net/masamiweb/?page_id=12




2012年04月13日

SILVER WING(仮)

バッグ.jpg
昨夜は寝ようと思っていた矢先、
電話が鳴る。

本当に昔からの友人、ちわきさんからだ。
ローカルな話題から、文化論まで、
いろいろ話題に華が咲き電話を切ったのは6時過ぎだった(笑)

こんなに長電話したのは久しぶりだ。
不思議なことに昔話にはあまりならなかった。

彼女は知り合った当初のイメージのまま、
僕にとってはまだ「少女」のままだ。

いつまでもそのままでいて欲しい。


さて、今日はDe+LAXのリハーサルの予定だったが、延期。
佐久間さんのLIVEがあるので行こうかと思っていた。
ところが、LIVEが近いので仕事の遅い僕は時間が作れなかった。


さて、今日のテーマはバックです。
一昨日は久しぶりにストちゃんに荷物を詰めて出陣しましたが、
最近はこのシルバーのバックをもちあるくことが多いです。
A4のファイルが入るということが本当に便利なんです。
譜面が入るからね。

そのわりには手帳はよく忘れます。
仕事は好きだけど自己管理能力がほぼゼロなんですね。

そんな自分もバックを持ち換えたりすると、
気分も高揚し、仕事のできる男になった気になることもあります。

バックって機能性も重要だけど、
新しいジャンルの音楽と出会ったり、
洋服や、髪形と似た効能があることをこのバックを持つことでしりました。

サンキュ〜「シルバー・ウイング(仮)」


☆鈴木正美☆

BGM PSYCHO PARTY / De+LAX / THE STORY OF De+LAX
(自分の作った曲の中でも良く出来てる・・・と思う)


posted by MASAMI at 03:13| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

写真.JPG
posted by MASAMI at 01:53| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

HAPPY BIRTHDAY、敬子(たかこ)

写真.JPG
今日は、お母さんの73回目の誕生日だ。

といっても24年も前に星になっている。

写真は、他界する9ヶ月前に行った沖縄旅行でのものだ。

思い起こせばこの時から咳こんでいたが…

世の中の男は多かれ少なかれマザコンだ。
そういう自分も、きっと目の前に母親がいたらきっと甘えているに違いない。

幼少期を思い出すとキリがない。
っつ〜か、0:00になっちまう。

ふたつだけ、
鈴木家では、子どもの洋服等を基本的に捨てなかった。
母親に手を惹かれ、孤児院に寄附していた。

敬子は最後まで、女だった。
後に見たノートには、毎日面倒をみていた妹のことよりも父親が来た時のことばかり書かれていた。
靴下も脱がしていたくらいだから、よほど父親を愛していたに違いない。


最後に妹が車椅子に乗せて院内の桜を見にいったそうだ。
雨で散りゆく桜を見てそんなことを思い出した。


☆鈴木正美☆


BGM Ole Santa / Dinah Washington
(季節外れのサンタを)
posted by MASAMI at 00:02| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

ただいま〜

PicCollage
今日、出掛けに玄関のノブに焼きうどんとおかずが掛けてあった。

お向かいのTさんの心遣いだ。
毎度、ありがとうございます。

急いでいたので出発。
帰宅後美味しくいただきました…って写真撮り忘れた。


で、夜には夜桜が美しい場所でのリハーサル。
早く新曲を仕上げたいが、今日はライブ用に時間を使う。


14日 De+LAX
15日 THE VACATIONS

と、
吉祥寺ROCKJOITGBで2連戦。

是非、遊びに来てください!


☆鈴木正美☆

BGM TOMBSTON BLUES / BOB DYLAN / HIWAY61 REVISITED
posted by MASAMI at 05:06| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

入学おめでとう

写真.JPG
先日、娘の保護者の同窓会があったそうだ。

みんな、高校に入学する。
地方の高校に行く児童、もとい少年、少女もいるので集合したそうだ。

満1歳の誕生日の写真。
身長 80cm 体重 10kg
デカイ 笑

きっと世界一、可愛い娘になっていたに違いない!

入学、おめでとう。

パパより (^_−)−☆
posted by MASAMI at 11:37| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Save The Children

写真.JPG
写真、忘れました 笑 (^_−)−☆
posted by MASAMI at 01:22| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Save The Children

以前に「指輪」というタイトルのブログをアップしました。

個々、指輪には様々な思いがあると思います。
あまり身につけない僕でさえ思い出のたくさん詰まった物があります。

僕は酒宴の席では身につけているものを外したくなるので、
時計、指輪、ピアス…etc.行方不明になったものもありますが、忘れても、たいていは不思議と戻ってきます。
最近は特に注意していますが…笑

さて、先日のブログでは「この指輪の意味を…」というような言葉で終わらせました。


でもこれだけは伝えなければいけないと思い今日アップします。

ご存知の方が多いと思いますが、
このブルガリのリングは
「Save The Children」
という企画の一環で販売価格の一部が、子ども達のために寄附されます。
赤い部分がそのマークで、
小さく「Save The Children」と刻まれています。
具体的にはネット上で検索すれば詳細が分かります。
もちろん、昨年の震災にも寄附されています。

個人的には、こういった企業やブランドの方針には大賛成で、バトンを渡しながら永遠に続くことを願います。

なぜなら、いつの時代も子ども達は地球の未来を背負っていきます。

未来永劫、受け継がれていくのです。

そんな子ども達に、
なるべく差別化されない教育を地球規模でできたら素晴らしいですよね。

今や、先進国と云われている国でさえ貧富の差が進み、その歪みが教育にも如実に現れています。


「Save The Children」

素敵です。(^_−)−☆


☆鈴木正美☆

BGM Attitude Chicken / Bob Geldof / The Happy Club

iPhoneから送信
posted by MASAMI at 01:19| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

ファンファーレ

写真.JPG
「ファンファーレ」


太陽がキミを照らし始めたら
ファンファーレを鳴らそう

楽器も声もいらないから…
自分のためにファンファーレを


毎日鳴らしていればきっと変わるよ
毎日鳴らしていれば周りも変わるよ


何にもない人生なんかつまらない
すべては自分の中にある

みんながファンファーレを鳴らせば
「愛と平和」が朝日とともに昇ってくるよ

生きるために働き
働くために泣き
泣くために笑う

笑うために誰かがいて
誰かのためにファンファーレを鳴らすのさ


キミにも誰かがファンファーレを
キミにもオイラがファンファーレを



☆鈴木正美☆

BGM I LOVE THE LORD / DONNY HATHAWAY / EXTENTION OF A MAN
posted by MASAMI at 02:20| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

at 多摩川

写真.JPG
多摩川をぐるっと回った。

橋を渡って川崎から東京を眺め、
ガス橋まで行って、
また、東京に戻る。

桜色というのはこういう色なんだな?
なんて思う。
音でいったらメジャーでもマイナーでもない。
しいていえば、滝廉太郎を思いおこさせた。
言葉では、谷川俊太郎を連想させた。


田園調布近辺は特に美しかった。

野球、サッカー、花見…
楽しんでいる人はそれぞれだ。
その光景は静かに僕の心を穏やかにし、
子ども達の笑顔は和やかにしみる様にハッピーを伝達した。

缶ビールのゴミを抱えた、
くそったれな自分に苦笑いしながら川の水に触れたら、
指先から大きな消しゴムがプレゼントされた気がした。


素朴な疑問は果てしなく続く。

「大人」って何だ?
「美」の基準はどこに?
「イメージ」が全てか?
「ロマン」は悪か?…


川の水は、すべてが「どうでもいい」と教えてくれた。

くそったれな自分も、
観たもの、
聞いたもの、
すべてを受け入れ「音」にしていけば、
磨かれてピカピカに光るよ!
と、言っていた。

遊牧民のような人生だけど、
ずっと信じているものがある。
砂漠を転々としながらも、
そこでしか得られないものもあるんだ。

行き先は決まっている。
バンドという駱駝に乗って、
人生のテント生活を旅しよう!


☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 01:15| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

BIG THANX , JUN !

写真.JPG
帰宅後、湯船でウトウト。
溺れそうになり慌てて出てきました。
あ〜、危ねぇ!

それにしても、風呂上りのビールは美味い。
最近は、黒ビールでリラックス。


音を出していないと落ち着かないので、今日もスタジオへ。
ドラムは青木純君に叩いていただきました。

彼は以前、リー君とバンドをやっていた。
そんな縁もあり、リハーサルに付き合ってもらっている。
やっぱり、生のリズムは気持ちいいなぁ!

ありがとう、純君。

☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 01:44| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

桜の花びらに乗って・・・

さくら2.JPGさくら1.JPG
桜が散る前に、
僕が知らない間に、
花びらに乗って碧い空のかなたに消えてっちまった。

今日は横浜の高速道路の真下で立ち止まった。
薄汚れたその川の真横では中学生がグラウンドの整備をしていた。
ピンクとゆうよりは白にちかい桜の花びらを眺めながら、
現実感のない鬱々とした気持ちを、
部活であろう学生達が「今」を訴えかけてくれた気がした。

こんな日は明るく過ごしたほうがいい。
久しぶりに焼き肉を食べに行った。
炭火焼のファンが相当弱っているのか、
もうもうとした煙がきっかけになって会話が弾み始めた。

最後の冷麺が気になった。
普通のラーメンの麺だったからだ(笑)
それは正解なわけ?
僕の知っている冷麺の麺は違う気がするぞ!


ちょっとした笑いが見えたところで、
昼間の「桜」を思い出した。
きっとTVのニュースでは「桜前線」なんてやっているんだろうな。

ピンク色した桜の樹の下で大騒ぎしたいぜ!
京極さんを誘ったら、昔みたいにおかずをたくさん作ってきてくれるかな?
そして、みんなで大酒呑んで腹がよじれるほど笑うんだ。

おっと、ギタリストは3人までだ。
まじギター談議し始めて喧嘩になる。
そんな姿を見るのも大好きなんだけどね(笑)


ピンク色した桜の花びらは、
毎年僕等に何かを教えてくれる。
桜が、入学や就職を4月にしてくれたみたいだ。

僕も何度めかの「人生の入学式」でもやろうか!


☆鈴木正美☆


BGM New Life Hi-STANDARD / Growing Up

偶然にも・・・爆
posted by MASAMI at 02:44| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

堕落論ではない堕落論

写真.JPG
posted by MASAMI at 07:11| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

リハーサル

写真.JPG
嵐の中、演ってきました。

スーくんなしのTHE VACATIONS。

各自の課題がハッキリしてプラスに考えています。

さらに、ステップアップするきっかけにしないとね!

ライブにはスーくんが来るけど、彼が驚くほど成長した姿を見せるぞ。

音楽って、深いなぁ!


☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 01:53| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

CHANGES

写真.JPG
「昔と変わらないね!」なんて言われることがある。

嬉しいが、じつはずいぶん変わっている 笑

ほらね!

思うことはひとつ。
いい年の重ね方をしたいものだ。

今の自分をもっと好きになろう!


☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 20:46| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

MARCH & ゆきちか

PicCollage
昨夜は、2人の友人が来場してくれた。

リハ前とリハ後に天才少年のゆきちかくんとスカボローでベースを弾いているマーチが遊びに来てくれた。

偶然が重なったとはいえありがたい!

次はオイラが行くぜ。

その時はよろしくね。


☆鈴木正美☆

シャイダー番長、今日行けなくてごめん。
はだか師匠によろしく!(^_−)−☆
posted by MASAMI at 23:19| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

at ZHERtheZOO YOYOGI

PicCollage
いいLIVEができた。

みんなに感謝します。

ありがとう!(^_−)−☆


☆鈴木正美☆
posted by MASAMI at 03:57| colum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画像の無断転載禁止 Copyright © SUZUKI MASAMI All Rights Reserved.